自分の唾液量と質を定期チェックで口臭予防

自分の唾液の量と質を計る方法ならこれ

管理人の唾液の量は
老人以下でした・・・・


管理人が口臭外来で唾液の量を検査をした時に
言われたのが唾液の量が老人以下でした。


また 唾液緩衝能といって食事の後に酸性になった口内を
中性にする能力もチェックしましたがほとんど機能してないレベルでした。


いわゆる質、量ともに悪い唾液の状態でした。


自分でも唾液の量は少ないと思っていたので
なんとなくは覚悟していましが、
正直ちょっとショクでした・・・


ただ逆にいえば老人レベルの
唾液量を回復すれば、
今の口臭の悩みを打破できるという事も認識出来ました。


唾液検査は視覚的に自分の唾液の質と量が悪いということがわかったので
そこからはとにかく唾液を出すことを意識して生活していき、
一般の成人男性レベルまで回復しました。




定期的に唾液検査(サリバテスト)を必須です

定期的に自分の唾液量をチェックすることで、
現状の唾液を出す能力と質を視覚的に見ることが出来ます。


前回よりも唾液の量が落ちたらより唾液の
トレーニングをしたりといったことも出来ます。


また、3ヶ月に1回くらい唾液検査を
すれば歯磨きだけでは対応できない歯石の除去や
虫歯のチェックもできます。


虫歯予防として利用されてる唾液検査ですが
口臭予防にもかなり役立ちます。


口臭と唾液の関係はほぼ=ですから、例え一時的によく
なっても油断せずに定期的なケアはして行く必要があるかなと思います。


唾液検査 サリバテストで口臭予防をしてみます