コーヒーは口臭の原因になります 飲んだ後の適切なケア方法




食後や休憩のコーヒーは
ほどほどに


食後の後にコーヒーを飲むととてもリラックスができるので、
口臭の予防としてはいいんじゃないの?

と思ってましたが、
実はコーヒーは口臭を引き起こす原因の多い飲み物です。


管理人も以前はたばこを吸っていて、
禁煙ができた副作用として、
コーヒーをかなりの量を飲むようになりました。

朝2杯、昼、夜、深夜1日に5杯くらい飲むことも
ありましたが、


なぜかコーヒーを飲むとお口の中での
ドブ臭がきつくなることが多かったです。


なんでなのかな!?

と思い、調べていくとコーヒーの酸味は
口腔内のphを低下させ渋みは唾液を抑制してしまうそうです。

またミルクや砂糖を入れた場合は、
舌の舌乳頭に付着しやいので

唾液の抑制+舌についた汚れ=臭い発生

いわゆる口臭を発生しやすい条件が揃う
飲み物なんです。


上記の事を考えると日ごろ口臭を気にしている方の場合には
コーヒーは少なからず飲まない方が無難かと思います。


どうしても飲みたくなったら
どうすればいい!?



まあとはいっても何でも制限してしまうのも、
ストレスがたまりますし、

管理人自信も
仕事やお付き合いでカフェにいくことあるかと思います。


そんな時はブラックにして、飲んだ後は・・・


コーヒー飲食後の対策

1 コーヒーを飲む時は水を用意
2 飲んだら、すぐに水で舌表面を口の天井でゴシゴシ洗う
3 ブレスケアガムを噛んで唾液の分泌を促進する

ブレスコントロールガム ウメ味


とにかく舌にコーヒー成分が付着する事に
注意した方がいいかなと思います。



唾液の分泌が抑制され舌についたコーヒー成分の臭いは
自分でいうのも強烈ですのでもしも飲む場合は、
適切なケアはしっかりした方がいいと思います。