口呼吸による口臭予防に 鼻呼吸に変える強制テープと本を買ってみた


意識的に鼻呼吸にした方がいい



口呼吸によって唾液の分泌か抑制されてしまい
口臭の原因の1つになりますが、


自分自身も気づくと口呼吸をしてることが多く
良質な唾液を分泌するのには鼻呼吸を徹底した方がいいと思い、



ガムテープでもよかったんだけど
お肌には悪そうですので鼻呼吸に変える強制テープを買ってみました。



ついてに口呼吸の危険に
ついても気になったのでも本も購入



具体的なレビューは到着したらしてみたいと思います~




ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)




正しく「鼻呼吸」すれば病気にならない (KAWADE夢文庫)
正しく「鼻呼吸」すれば病気にならない (KAWADE夢文庫)




喉の奥から臭いがする現在の舌の汚れを写真でチェックしてみた


※2014年9月上旬

現在のベロの汚れを写真でとってみました。


前日に飲んだコーヒーなのか
ベロまん中おく以降の汚れがとても目立します。


舌ブラシでゴシゴシとりたいところですが、


舌ブラシは使い方を間違えると、
余計に汚れが付着するので


今はプロフレッシュをした後に
数回軽く表面をなぞるくらいです。



ちなみに臭いですが・・・


写真の汚れてる部分を
指の腹で唾液をとるとその時点でかなり臭います。




逆にベロ手前側はほとんど無臭です。


舌の奥はどうしても汚れがたまりやすいので
(舌乳頭が奥にいくほど長いので)
自分で写真を見る限りでもなっとくですが。


ごっそりとりたい気持ちはやまやまですが、
口呼吸をやめて唾液を分泌させるしかないですね~





舌にやさしいいおすすめの舌ブラシならこれ!

舌にやさしいい舌ブラシ プロフレッシュ

プロフレッシュの
タンクスクレーパーを使います。


舌磨きのやりすぎは舌の表面を壊して、そこに食べカスや歯磨き粉などが
付着しやすくなるので、余計に悪化することがあります。

舌ブラシの頻度はどれくらいでやるといいの!?


そこで舌の表面の舌乳頭になるべく刺激を与えずに
汚れをとることができるのがプロフレッシュのタンスクレーバーです。


タングスクレーパー舌の汚れ落とし口臭予防【あす楽対応】

実際に管理人も使用していて、
夜寝る前に3回くらい軽く喉の奥から手前にひくと、
汚れが取れます。

軽く手前に引くだけで汚れ
がしっかりとれるので、
改めて強くゴシゴシ洗う必要がないと実感出来ます。




プロフレッシュの後にするとさらに
効果的と言われています。
実際にこれは口臭外来で習った方法です。


夜寝る前にするとしない時とはでは
やはり変化を感じます。

プロフレッシュ オーラルリンス



舌ブラシの頻度はどれくらいでやるといいの!?


舌みがきの頻度は1日何回すればいいの?

やり過ぎると口臭がさらに悪化します

口臭の発生の原因は舌についた
汚れが大半をしめるので、
しっかり舌を磨いた方がいいというのが世間での常識になっています。


管理人も口臭外来で治療を受ける前には 、
朝、昼、晩と歯磨きの後に絶対にやるものだと思っていたのですが、
大いなる間違いでした。


舌はとても繊細ですやりすぎると逆に
舌の汚れがつきやすく今まで以上に舌苔がたまりやすい環境を
作ってしまいます。


そしてそれを取り除く為に力をいれてゴシゴシする為
悪循環になっていきます。


じゃあまったくやらないで
いいの?

というとそういうことではありません。

プロフレッシュとタングスクレーバーで舌みがきはキレイになります
寝る前にデンタルリンスの後に
1日1回だけしてます



管理人の場合はプロフレッシュでデンタルリンスをした後に
専用のタングスクレーパーで

舌の表面のやさしくなぞるような感じで3回くらいでOKです。
絶対に力を入れてはいけないのがポイントです。


ちなみに舌ブラシはなんでもいいのかというと、
ブラシタイプだとどうしても舌に傷がついてしまうので、
プラスチック製の方がいいかと思います。


舌の表面がうっすら白くなるくらいが健康な状態ですので、
やりすぎには注意してください。
タングスクレーパー舌の汚れ落とし口臭予防【あす楽対応】