良質な唾液を出すために必要な咀嚼回数はどれくらい

良質な唾液を出すために必要な咀嚼回数はどれくらい
唾液を促進させるための一番重要なのが噛む事。
っていうのは


誰でもわかってるんですけど、
美味しい食べ物とかあるとついついたくさん食べたくなって


自分の場合には
噛むより<食べるになってしまってまってできないって場合が
多かったです。


それに、
例えば日本人の1回のお食事って平均11分らしいのですが、
(ちなみに弥生時代は50分とか)


外出先や勤務先や学校でお食事をする時によく噛むと
11分じゃとてもじゃないけど回りに合わせたら無理です。


まあでもそうはいっても良質な唾液を出す基本は

噛むという行為は間違いないし
回りに合わせる必要なんてないわけですから、
1回口に入れたら30回 できれば50回を噛むを徹底したいと思います。



ちなみにお米口の中で
100回くらい噛むと口の中で溶けますよ





自分の唾液を無臭にする実験してます









自分の唾液 臭い原因をつぶして無臭の唾液にする

唾液の臭い原因をしらみつぶしにつぶす

唾液の臭いの原因をしらみつぶして無臭の唾液に変える!


唾液が臭いサラサラ唾液にして無臭にします!
と意気込んではいますが、


実際の本音をいえば具体的には

で、何なればいいんだろう・・・

ネットにある情報も抽象的な事がおおくて
原因に対して対策方法がのってない。



対策方法があってもなんか微妙に抽象的ですので、

じゃあ実際に今自分の唾液が臭うわけですからこれを無臭化する
為にどんな事が一番よかったの?あまり変化がなかったのか?



自分の今までの経験と
わかる事から頭の範囲で理解できることからやっていこうと思います。



現在自分が実践してる対策方法についてまとめ
※以下は唾液の臭いを消す記事関連を追加で記事を更新して自分で予定です(2014年9月現在)


とにかく食事は噛む
良質な唾液を出すために必要な咀嚼回数はどれくらい


食べ物飲みカスの原因を対策する

コーヒーは酸性が強いので控えるようにする






鼻呼吸を口呼吸に変える

鼻呼吸に変える強制テープと本を買ってみた
鼻呼吸にする矯正テープを使ってみた感想